無題.bmp

広島ドックパーク里親募集!! ★成犬  ★仔犬  ★譲渡条件


2006年10月01日

初心を忘れないために



湯川 れい子, 半井 馨

虹の橋


動物は亡くなったら、すぐ虹の橋を渡ると思っていましたが、こちらの本では、一旦は天国で他の動物と過ごしていて、生前飼い犬ならば、のちに飼い主も天国に来た時に、一緒に虹の橋を渡るのですね。そして、「ひとりぼっちのワン ニャンなら、やっぱりひとりぼっちの人間と、橋を渡る」と、ネットの書き込みで知りました。安心しました。
ウェイブリンク「虹の橋」




石黒 謙吾, 木内 達朗, ジム・ウィリス

どうして? 犬を愛するすべての人へ


犬から飼い主に宛てられた手紙の形式をとった絵本です。
大切に飼われていた犬が、飼い主のライフスタイルの変化に伴って、「オンリーワン」の犬から「ただの犬」になり、最後には飼い主の手によってシェルターに持ち込まれるという内容。そして最後は安楽死です。犬は飼い主に尋ねます、「どうして?」と。楽しかった日々を思い出し、自分の運命を悟りつつも飼い主の身を案じて死んでいく犬。あまりにも切ないです。
しかし著者の意図は単なる可哀想な物語を描きたかったのではなくて、命の重さや責任について、ひとりでも多くの人に理解して欲しいというものだと思います。巻末に世界の著名人が残した犬の名言が掲載されていて、これがまた素晴らしいです。
自分の飼っている犬に「どうして?」と聞かせないために、心穏やかに暮らせるようにしなければと改めて心に誓いました。
ウェイブリンク「どうしてなの?」

今日も三女に「読んでくれ」コール。読んでるうちに・・・もうやだ〜(悲しい顔)でダメなんですよね・・・。
あげくの果てに「お母さんはワンコ達を保健所になんかやらないよね?」だって「あたりまえでしょむかっ(怒り)」な私でした。


今日も来てくれてありがとう♪読んだよクリックお願いします〜<(_ _)>banner_02.gif


ニックネーム まだら♪ at 12:59| Comment(10) | 犬の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする